1. ホーム
  2. 知らなきゃ損する脱毛知識
  3. ≫サロン脱毛じゃダメ?医療脱毛の方がいいのかな??

サロン脱毛じゃダメ?医療脱毛の方がいいのかな??

サロン脱毛と医療脱毛、何が違う?

サロン脱毛と医療脱毛、何が違う?
サロンと医療脱毛は混同されがちですが、使用している器具が違います。

サロンは低出力の光を使用しており、フラッシュやIPLとも呼ばれています。
そのためサロン脱毛は毛根を破壊することはできませんが、減毛によってムダ毛を薄くすることができます。

また脱毛方式は大きく分けると、IPL方式とS.S.C方式があります。

IPL方式は、メラニン色素に反応する光を使って毛根にダメージを与える脱毛方式です。

S.S.C方式は、光と併せて制毛成分のある特殊なジェルを肌に塗り浸透させる脱毛方式になります。

医療脱毛よりも肌への負担は少ないため、肌が弱い人でも安心して脱毛することが可能です。
 


 
医療機関はレーザーを使用しており、毛根を破壊することが可能です。

クリニックで提供するものはすべて医療脱毛であり、原則としてサロン脱毛は行っていません。

出力が高いため、効果が高く、医療脱毛の方が短期間で完了できます。
1回あたりの処理時間には大差がないですが、脱毛効果は医療機関のほうが2~3倍は高くなるため、脱毛期間を短縮することができるのです。
それにより費用も同額、または医療機関の方が安く抑えることが出来る場合があります。

脱毛器の照射範囲はサロンのほうが広いですが、最近は医療脱毛の照射範囲もかなり広くなってきており、サロンと大差のないレベルになってきています。

医療脱毛は医療資格所有者である看護師や医師が行うため、安全性の面でも優れています。

サロン脱毛のメリット・デメリット

メリット

サロン脱毛はお手軽に受けられるのがメリットで、自宅でのセルフケアより脱毛効果が高いのが特徴です。

サロンで処理をすると、脱毛した翌日の肌が荒れないという方は多いです。
そのため敏感肌や乾燥肌の方はセルフケアより適していると言えます。

家庭用脱毛器も少しずつ高性能化していますが、まだサロン脱毛器にはかないません。
冷却ジェルやスプレーによるダメージ軽減、クールダウンなども行っているので肌に優しいのです。

また、施術後には保湿成分などの有効成分が入ったローションなどで肌を整えてくれます。
サロンによっては、通常なら高額なエステパックが毎回無料だったり、高度な保湿マシンを使ったスペシャルケアを試すことが出来たりします。

デメリット

サロン脱毛のデメリットは、勧誘を受ける可能性があること、ローンを勧められること、予約が取りにくいサロンがあることなどです。

勧誘を受ける場合の理由は、ほぼ100%ローンの勧めとなっています。
予約を取れない店の特徴もローンを勧誘してくることです。

1回ずつ来店するたびに料金を支払うタイプのサロンだと、無理な勧誘はしてきませんし、予約は取りやすい傾向があります。
月額制は都度払いと混同されやすいですが、ほとんどはローンと同じ性質を持っています。

ただ、悪い口コミが多くなるのを避ける為、最近では希望していないプラン説明を最初のカウンセリングで受ける場合はあっても、一度断ればすぐに引き下がり、無理な勧誘はされません。

予約に関しても、店舗数を拡大したり、予約システムを工夫することで、予約が取りにくいということがないよう様々な対策がなされています。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット

医療脱毛のメリットは医療資格者が施術するので高い脱毛効果を得られる点です。

脱毛処理というのは今見えている毛にしか効果がありませんが、見えている毛をツルツルにするだけでもかなり減ります。
見えていない毛は7割程度あるので、すべて処理するには複数回の照射が必要になるのです。

1回あたりの効果が高いのが医療脱毛のメリットであり、その結果として費用も安くなることが多いです。
一般的にサロンの方が安いと思われていますが、総費用として考えると逆転する場合があるのです。

デメリット

医療脱毛のデメリットは、以前ならば脱毛器の照射面積が狭いことがありました。
サロン脱毛が面なのに対して、医療脱毛は点を照射するという感覚でした。

しかし最近の医療脱毛器は照射面積が広くなっており、かつダメージもかなり弱くなってきています。
脱毛効果は以前と同様に高いままなので、サロンのような感覚でより高い効果を期待できるわけです。

昔は痛いのが医療脱毛のデメリットでしたが、最近は脱毛器が進化することでサロン並の低刺激となっています。


 
 
知らなきゃ損する脱毛知識に戻る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。